水疱

細菌やウィルスなど病気を引き起こす微生物、すなわち病原体が肺の中へ進入して発症してしまい、肺の中が炎症反応を見せている状況を「肺炎」と診断しています。
エイズウイルス、つまりHIVを含んだ血液や精液の他、母乳や腟分泌液などのあらゆる体液が、看病する人や交渉相手などの粘膜や傷口に接触すると、HIV感染の危険性が高くなってくるのです。
汗疱状湿疹とは主に掌や足の裏、または指と指の間などに小さな水疱ができる疾患で、通称あせもと言われ、足の裏に出来ると水虫と思い込まれるケースが結構あります。 Continue reading

散布

食事という行為は、食べたい物をなんとなく口に入れたら数十回噛んで後は飲み込むだけだが、その後も体はまことに健気に活動し異物を身体に取り入れるよう努めている。 Continue reading

母乳

うつ病は脳の中で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが足りなくなり、憂うつ感、不眠、なかなか抜けない倦怠感、食欲低下、体重減少焦り、極端な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症の場合自殺企図などの危険な症状が現れ、2週間以上続きます。 Continue reading

酵素

抗酸菌のひとつである結核菌は、患者さんがゴホゴホと「せき」をすることで室内に投げ出され、空気中でふわふわと移動しているのを別の人が呼吸しながら吸い込むことでどんどん拡がっていきます。 Continue reading