水疱

細菌やウィルスなど病気を引き起こす微生物、すなわち病原体が肺の中へ進入して発症してしまい、肺の中が炎症反応を見せている状況を「肺炎」と診断しています。
エイズウイルス、つまりHIVを含んだ血液や精液の他、母乳や腟分泌液などのあらゆる体液が、看病する人や交渉相手などの粘膜や傷口に接触すると、HIV感染の危険性が高くなってくるのです。
汗疱状湿疹とは主に掌や足の裏、または指と指の間などに小さな水疱ができる疾患で、通称あせもと言われ、足の裏に出来ると水虫と思い込まれるケースが結構あります。
ストレスがかかり、溜まるという理屈や、有用な抗ストレス方法など、ストレスについて基本的な知識を保有している人は、さほど多くはありません。
チェルノブイリ原発事故に関する後追い調査の結果からは、大人に比べると若い子供のほうが広まった放射能の悪い影響を一段と受けやすいことが見て取れます。
子どもの耳管は、大人のそれと比較して幅があり短くなっており、またほぼ水平になっているため、細菌が入りやすくなっているのです。幼い子どもがよく急性中耳炎を起こすのは、これが原因です。
もう歯の表面を保護しているエナメル質を減らすまでに悪化してしまった歯周病は、悲しいかな炎症が沈静化したとしても、エナメル質が元の量に復元されることはないに等しいと言われています。
アミノ酸の一種であるグルタチオンには、細胞の機能を低減したり変異をもたらすような人体に有害な物質を身体の内側で解毒し、肝臓の動作をより強化する特性が確認されています。
毎年違うタイプが流行する季節性インフルエンザワクチンでは、今までの膨大な研究結果から、ワクチンの効果が見通せるのは、ワクチン接種日のおよそ2週後からおよそ5カ月間程ということが分かっています。
よく耳にする心筋梗塞というものは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化によって血管の中が細くなり、血流が停止し、必要な酸素や栄養が心筋に送られず、筋繊維が壊死する大変重い病気です。
ダイエットに没頭するあまりカロリー摂取を抑制する、1日3食のうち1食を飛ばす、そうした暮らしを続けるとひいては栄養までもを不足させ、慢性的な酷い冷え性を誘引する事は、盛んに言われていることです。
高血圧(hypertension)の状態が長引くと、全身の血管に大きな負担がかかった挙句、頭から足までありとあらゆる場所の血管に障害が発生して、合併症を誘発する見込が高くなるのです。
5-HT(セロトニン)神経は、自律神経のバランスを調整したり痛みを鎮静化させ、あらゆる覚醒などを操作しており、気分障害(うつ病)の患者さんではその働きが鈍化していることが判明している。
通常の場合は骨折は起こさない程度の弱い力でも、骨のある定まったエリアに何度も繰り返し続けて力が加わることで、骨折が生じることもあります。
筋緊張性頭痛とは肩凝り、首の凝り、張りに誘引される患者数が多い慢性頭痛で、「まるで頭をギューっと締め付けられるような激しい痛さ」「重いような鈍い頭痛」と言い表される症状が特徴です。