母乳

うつ病は脳の中で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが足りなくなり、憂うつ感、不眠、なかなか抜けない倦怠感、食欲低下、体重減少焦り、極端な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症の場合自殺企図などの危険な症状が現れ、2週間以上続きます。
HIV、つまりエイズウイルスを保有している血液や精液のほか、腟分泌液や母乳といった様々な体液が、交渉相手や乳飲み子などの傷口や粘膜部分等に触れることにより、HIV感染の可能性が出てくるのです。
自動体外式除細動器(AED)は医療資格を保持していない非医療従事者でも利用する事のできる医療機器で、機器から流れる音声ガイダンスに従って動くことで、心臓が小刻みに振動する心室細動に対する処置の効果を与えます。
パソコンの青い光を低減するPC専用のメガネが大変人気を集めている要因は、疲れ目の対策にたくさんの方々が苦心しているからだと考えられます。
規則正しい穏やかな生活の維持、腹八分目を志すこと、軽い運動やスポーツ等、古臭いともいえる自分の身体への思いが皮ふの老化防止にも役立つのです。
植物中に存在する化学物質、フィトケミカルの仲間のスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる揮発性の有機硫黄化合物について、肝臓から分泌される解毒酵素自体の製造を助けているのではないかという事実が見えてきました。
WHOは、有害なUV-Aのデタラメな浴び過ぎは肌に健康障害を招くとして、18歳以下の若者が日サロを利用することの禁止を広く世界中に勧めている最中です。
細菌やウィルスなど病気をもたらす病原微生物、すなわち病原体が肺へ潜り込んで発症してしまい、肺の内部が炎症反応を呈示した事を「肺炎」と診断しています。
乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、これまでの生ワクチンに替わり、2012年9月からとして導入されるので、小児科などの医療機関で個々に接種してもらうスケジュール管理の必要な個別接種のスタイルになりましたのでご注意ください。
ただの捻挫だと決め込んで、湿布を貼って包帯やテーピングで患部を適当に固定し、様子をみるよりも、応急処置してからすぐに整形外科で診てもらうことが、結局は根治への近道になるのです。
アミノ酸であるグルタチオン(Glutathione-SH)には、細胞の機能を衰退させたり変異を招く人体に有害な物質を体の内側で解毒し、肝臓の性能を促進する特徴が分かっているのです。
学校や幼稚園等の大勢での集団行動をする時に花粉症が原因で皆と同じようにしてパワー全開で運動ができないのは、患者にとってもさみしいことです。
今、比較的若い世代で長期間咳が続く結核(けっかく)に対しての免疫力、すなわち抵抗力を保有していない人々の割合が高くなっていることや、早合点のために受診が遅れることに縁るアウトブレイク・院内感染が多くなっているようです。
脂漏性皮膚炎という病気は皮脂の分泌異常が原因で出る湿疹で、分泌が異常をきたす要因としてはアンドロゲンと女性ホルモンのバランスの崩れやリボフラビンなどビタミンB群の慢性的な欠乏などが大きいと言われているのです。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に在る血糖値に深く関与しているβ細胞が壊れてしまい、あの膵臓からインスリンが血糖値を正常に保てるほどは出なくなってしまって発病するという自己免疫性の糖尿病です。