合計学習時間

近年、司法書士試験における合格率はほぼ2~3%強といわれています。

必要とされる合計学習時間との双方のバランス加減に着目しますと、司法書士資格試験がどれ程までに難易度が高いか見通すことができるでしょう。

昔は合格率が10%ぐらいをキープしていた行政書士試験も、ここ数年は1割に届かない数値にて停滞しております。合格率が一桁でありますと、難易度レベル高のランキング上位の国家資格として認知されることになります。

司法書士試験を受ける際は、実際上は筆記形式の試験しか無いと考えてもOKです。何故かといいますと、口述での試験なんかは、よほどでないと不合格とはなり得ない簡単な試験だからです。
一般的に税理士試験につきましては、税理士の地位で仕事にするために必要とされる専門知識とともに、それを現場で活かせる力量の有りor無しを見ることを目当てに実施する難易度の高い国家試験です。

法律学部を卒業していなくともまたド素人であったとしましても行政書士にはなれるものですけれども、とは言ってもやっぱりゼロから独学で進める方は何百時間もの勉強時間・量も絶対に大事。己自身も独学を貫いて試験に合格をしたんで心の底から感じております。